アルバニアホワイトクリーム 成分

アルバニアホワイトクリームの成分について確認しよう!

アルバニアホワイトクリームの成分

アルバニアホワイトクリームを使用した人の92%がアルバニアホワイトクリームの効果に満足したっていうことを見ると、一体どんな成分から出来ているのかすごく気になりますよね!

 

効果が高いということは、それだけ成分にも強い成分が入っていそうですが、一体アルバニアホワイトクリームの美白成分って何なのでしょうか?ここでは、アルバニアホワイトクリームについての主成分を確認してみました。

 

アルバニアホワイトクリームの主成分は2種類!

アルバニアホワイトクリームについては2つの主成分を配合しています。では、その2つの成分とは何なのかというと、「トラネキサム酸」という成分と「グリチルレチン酸ステアリル」という成分になります。

トラネキサム酸

最近、美白関係の化粧水などにはよく入っている成分として有名なトラネキサム酸がアルバニアホワイトクリームにも配合されています。アルバニアホワイトクリームの性質は、シミやそばかすの原因ともなっているメラニンを抑制してくれる効果があるということです。

 

そのため、今あるシミだけではなくこれから出来てくるシミやそばかすの集まりかけているメラニンまで抑制してくれるという嬉しい効果を持っています。

グリチルレチン酸ステアリル

名前からしてこちらの場合は、成分が強そうなイメージがありますが、そんなことはありません。このグリチルレチン酸ステアリルは天然成分に由来します。そんなグリチルレチン酸ステアリルの主な特徴は、抗炎症作用があるということです。

 

そのため、ニキビなどにも効果を発揮してくれるという嬉しい特徴があります。

副作用の有無

そこで気になるのが上記2種類の副作用の有無ですよね。こちらの成分については、安全性の高い成分になりますので、基本的には副作用の危険性は少ないです。そのため、安心して使用することが出来ます。

 

また、アルバニアホワイトクリームについてはこちらの2種類以外にも様々な美容成分が入っているのですが、全て食物由来成分ですので肌には優しいです。

 

とは言っても、アルバニアホワイトクリームを使用した人全員が肌につけて副作用が出ないという保証はありません。特に食物アレルギーを持っている方は注意が必要な場合もありますので、アレルギー体質の方は、自分の肌がアレルギーに反応してしまう成分がないかを確認してから注文するようにしましょう。

アルバニアホワイトクリームの成分についてのまとめ

ここでは、アルバニアホワイトクリームに含まれている主成分を2種類ご紹介いたしました。アルバニアホワイトクリームに含まれている主成分は、トラネキサム酸とグリチルレチン酸ステアリルです。

 

トラネキサム酸はメラニンを抑制する働きがあります。グリチルレチン酸ステアリルは抗炎症作用の強い成分になります。その他にも、食物由来の成分が沢山入っており、肌を美肌へと導きます。

 

ただし、食物アレルギーの方はアルバニアホワイトクリームに含まれている成分がアレルギーに反応しないことを確認してから注文するようにしてくださいね。

 

>>アルバニアホワイトクリームの最安値はこちら